東京駅からはじまる

あなたのエピソード募集

「入学」「就職」「転勤」「出発」「旅立ち」。

東京駅でのドキドキしたこと、

わくわくしたエピソードを募集いたします。

2018.6.29[FRI]-8.29[WED]

  • イメージ画像START with YOU presents
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • START with YOU presents

本キャンペーンの応募受付は2018年8月29日をもって終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

東京駅からはじまるあなたのエピソードを募集。

「入学」「就職」「転勤」「出発」「旅立ち」
東京駅での、ドキドキしたこと、
ワクワクしたエピソードを募集します。
「紹介作品」は東京駅のデジタルサイネージ等に
掲載させていただく他、
抽選で素敵なプレゼントもご用意しております。

参加する

START with YOU presents Special Interview

広告出演中の黒島結菜さんに
東京駅から始まるエピソードをインタビュー。

VIEW MORE

女優

黒島 結菜さん

黒島 結菜 さん

VIEW MORE

応募者プレゼント

ご応募いただいたエピソードの中から
選定させていただいた作品の作者には抽選で、
東京ステーションシティのエリア内の
各施設で“新しい体験”を楽しめる
体験型ギフト等をプレゼントいたします。

No.1

ご自身のエピソードを入れたオリジナルメッセージパネル(全員)

「紹介作品」の作者全員に、ご自身のエピソード
を入れた東京ステーションシティオリジナル
デザインのメッセージパネルを贈呈します。

No.2

東京ステーションシティのエリア内の各施設で「新しい体験」を楽しむことができるオリジナル体験型ギフト(「紹介作品」の作者から抽選で合計10名)

  • 1名様

    イメージ画像

    東京ステーションホテル
    スイートルームでティータイム
    ■当選者数
    1名《1組2名》
    ■内容
    「アンバサダースイート」ルームに3時間滞在、
    スイーツセットのご提供、館内ツアー
  • 3名様

    イメージ画像

    東京ステーションホテル
    特別朝食メニュー
    ■当選者数
    3名《3組6名》
    ■内容
    ゲストラウンジ「アトリウム」で
    特別朝食コースメニューをご提供
  • 6名様

    イメージ画像

    東京ステーションギャラリー
    館内貸切&館長による
    解説付き特別ツアー
    ■当選者数
    6名《6組12名》
    ■内容
    貸切の館内で、館長による解説付きの
    特別ツアーを実施
  • 5名様

    イメージ画像

    東京駅ステーションシティ
    シークレットツアー
    ■当選者数
    5名《5組10名》
    ■内容
    東京ステーションシティ内の
    普段は入ることができないエリアをご案内

No.3

東京駅限定グッズ詰め合わせ(「紹介作品」の作者から抽選で10名)

No.4

グランスタ・グランスタ丸の内お買い物体験チケット(「紹介作品」の作者から抽選で5名)

【対象施設】グランスタ、グランスタ丸の内、黒塀横丁、キッチンストリート、北町ダイニング、グランルーフ、グランルーフフロント、グランアージュ、キッテグランシェ

みんなのエピソード

東京駅公式Facebookページよりエピソード募集中

※ここでの投稿紹介は、応募規約内の
「紹介作品」を指すものではありません。

  • 初めて付き合った彼女と初めて会ったのは東京駅だった。
    総武線の長いエスカレーターのところで待ち合わせ。電車が入ってくると風が強く吹くあの場所。照れたように笑う彼女の顔をときどき、思い出す。
    東京駅から始まった2人の旅は長くは続かなかったけど、あの時あなたが居たから今の僕がある。
    終わりはまた次の始まりでしかない。それでも、東京駅の総武線で乗り換えるたびに胸がくすぐったくなるのはなんでだろう。

    D.I.さん

  • 希望の会社を最終面接まで通過した。履きなれない革靴で京葉線へと続く長い通路を歩いた。動いていないと不安でわざと歩く歩道を使わなかった。イヤホンから流れてる曲は気が付いたら終わっていて、いつも長いと思ってた道は驚くほど短かった。面接の疲れと緊張で通路をぐったりと歩いた帰り道。無事に合格をもらって再び会社へ。京葉線の通路はいつも通り長かったけれど、ウィニングランのような晴れ晴れとした気持ちだった。

    D.I.さん

  • 東京駅、それは新幹線で何度か往復し、彼女に会いに行く為の交通手段でもありました。今では結婚して東京駅から500キロ離れた場所に暮らしていますが、
    東京駅が安全に機能し、新幹線の安全、定時運行が結んだ恋だと思っています。
    これからも帰省の時は利用させて頂きたいと思います。

    M.K.さん

  • 丸の内で出会った私たちは、東京ステーションホテルで挙式・披露宴を行いました。でも、当日は雨。東京駅を背景に写真を撮りたかったのに、屋外での撮影ができませんでした。でも、その後、1年に何度か行幸通りの同じ場所から、東京駅を背景に記念撮影をする家族イベントを始めました。翌年には子供が生まれ、今では子供の成長記録にもなっています。東京駅は、私たち家族の始まりの場所です。

    R.N.さん

  • 今年の3月、出張帰りの上越新幹線ホーム。
    指定席の号車で並んでいると、目の前を青白い顔で通り過ぎるリクルートスーツの青年。疲れてるんだなと見送りながら、スーツケースに目をやると、なんと!
    私が甥っ子に貸したスーツケース。
    名前を呼ぶと、振り返り、さっきとは別人の笑顔。新入社員研修でクタクタだったみたい。
    おじちゃん、おじちゃんと私の後をついてきた甥っ子が、立派な社会人一年生になったことを東京駅のホームで実感しました。

    Y.K.さん

  • 家族との時間もだんだん合わなくなった。家族で旅行に行けるのも最後かもしれない。一人暮らしの僕は東京駅で合流。新幹線の改札でバタバタして新幹線に乗り損ねた。結局、名古屋まで立ちっぱなし。紆余曲折あってその晩、初めて家族全員で酒を飲んだ。大人は楽しいものかもと思った。
    百点満点じゃないことが我が家っぽくてどこか安心した。「次こそはちゃんと」帰りの東京駅での約束。次もきっと東京駅から始まっていく。

    D.I.さん

  • 32年前,中学一年生5人で名古屋から青春18切符を使い東京へ夜行列車で旅に出る「東京へ行こう会」を結成し,東京に住む叔父と東京駅銀の鈴前で待ち合わせをするも,東京の交通渋滞を知らない私達はバスで東京駅まで移動し,叔父を1時間30分も銀の鈴に固定させてしまいました。携帯のある今では考えられない出来事ですけれど。無事に合流できたのが何よりでした。

    K.M.さん

  • 30代も半ばを過ぎてから、ひとりで出掛ける楽しさを知りました。新幹線に乗って知らない街に。なかでも東京はお気に入りです。初めは東京駅周辺の散策だったのが、ひとつ乗り換え、ふたつ乗り換え…今ではいろんな駅に降り立つようになりました。新しい場所へ行く時、地方に住んでいる私はまずは東京駅へ。降りた瞬間、「東京に着いた。さぁ、行くぞ!」と、毎回ワクワクします。東京駅は、いつだって私のワクワクの始まりの場所なんです。

    Y.N.さん

  • 幼少時代、祖父母へ会いに新幹線に乗る為東京駅へ。他の駅とは違う特別な雰囲気にワクワクしていました。時は経ち、今もどんな用事であっても、東京駅に来るたびにワクワクします。現在中央線沿線に住んでいますが、「東京」行きが私の一番好きな行き先です。

    M.S.さん

  • 大学生になって自分の世界が広がった。その拠点。東京に憧れて、学生時代は東京駅の中でアルバイトをしていた。
    毎日たくさんの、いろんな人たちが行き交い、それぞれの場所に向かう。東京駅にしかない熱量にドキドキしていた。
    今ではもう東京駅ユーザー暦7年目。気がつけば身近な存在に。
    時と共に東京駅もどんどん変化していき、私の環境も変化していっている。
    でも、どんなに通勤時間が長くなろうともこの東京駅にしかないに雰囲気に惹かれて離れられない。

    M.M.さん

  • 「東京駅で待ち合わせしよう」結局会えず。地元の駅には改札一つしかないのに。

    S.S.さん

  • 大好きだった元カレと。 お互い風邪ひいてて、声出ないなって笑いあったこと。 東京駅綺麗だね、ひろいね、ちゃんとまわってみよっかって初めてゆっくりみてまわったこと。 東京駅で食べたスイーツをはんぶんこしたこと。 最初で最後の誕生日をおいわいしてくれたこと。 よーーくおぼえてる。 すべてが切なくてすべてがいい思い出。いつでも思い出します

    K.U.さん

  • 初めての東京。出張で1週間、目黒の方で研修があり、寝台で東京駅まで行きました。到着した時間は朝の6時前、右も左もわからない状況で、とりあえず駅員さんをつかまえ、そしてその時、山の手線が私鉄ではないことを教えてもらいました。今思えば、本当に恥ずかしい思い出です。

    T.N.さん

  • 私の住む街から東京駅へは、JR1本で30分。
    そう遠くはないが、いつだって東京駅は特別だ。

    子供の頃は東京駅から特急に乗って家族旅行をするのが嬉しかった。

    大人になるとちょっとおしゃれをして行く丸の内ディナーが楽しみに。

    今は3歳になる息子を連れて新幹線を見に行くのが、我が家の週末お決まりコースである。

    何歳になっても東京駅でのわくわくが止まらない。次の楽しみは何だろう。

    A.I.さん

  • 東京駅でいつも待ち合わせをする四半世紀のつきあいの親友。
    中央乗り換え口で待ち合わせが合言葉。
    でも改装の多い東京駅は行くたびに迷ってしまいます。
    中央乗り換え口は入り口場所は変わらないけれど、必ず迷子になります。
    そんな私をいつも辛抱強く待っていてくれる親友。
    乗り換え出口に立っている親友を見つけた時は思わず顔がほころびます。
    親友も笑顔

    いつも笑顔で再会のできる東京駅。
    これからも待ち合わせは続くでしょう。

    K.A.さん

  • 短大を卒業してすぐ、社会人として初めて働いた地は、丸の内。
    20歳の私は東京駅がとても立派で誇らしい気分で毎日出社してました。
    辛くて辞めたいと思ったときも東京駅が誇らしげに鎮座して励ましてくれた!

    あれから20年の時が経ち今は息子と新幹線を見に訪れる東京駅。
    『ママは昔ここで働いてたよ!!』やっぱり東京駅の地で働いてたことはわたしの誇りです。

    R.K.さん

  • 娘が結婚したいという相手のご両親との初顔合わせは東京駅。
    私達は新潟から新幹線で、相手方は茨城空港から東京駅。
    一人暮らしをしていた娘と久々に会った私と娘の服装は、まるで相談したかのような上下同じカラーでした。
    駅内の予約していたお店で、和やかに歓談し、その後の結婚式はすべて娘たちが段取りしてくれ、今は離れて暮らしていますが、2才の娘と幸せに暮らしています。

    H.I.さん

  • 東京ステーションホテルで結婚式を挙げてから今年で20年経過。結婚式の花嫁衣装を着つけながら中央線から聞こえて着た発車メロディを聴くといまでも熱いものが胸に込み上げてきます。
    ウエディングドレス姿で、東京駅と書いてある石標の前で松の木をバックに通り行く広場の人に見つめられながら記念撮影。
    いまでも丸の内の広場に行くと晴れた日のスタートのドキドキした胸いっぱいの気持ちが蘇ります!

    A.K.さん

  • 就職活動中に出会い、11月から交際スタートした今の彼。初デートは東京駅でした。
    春以降会っていなかったので、久しぶりの再会。ちゃんと話せるかな?可愛く化粧できたかな?お互いとてもドキドキしたのを覚えています。
    そんな彼との結婚が決まりました。
    ライトアップされた東京駅をバックに撮った写真は、私たちの始まりの写真。お気に入りの1枚です。

    C.K.さん

  • 就職のために名古屋から上京
    入社前に一度通勤時間帯の満員電車を体験しようと、東京駅に向け乗車
    無事改札まで来たが、定期券が無いことに気付いた
    どこかで落としたようだ
    車内なのか駅構内なのか最早見当もつかない
    ダメ元で駅員さんに尋ねたらちゃんと届けられていました
    忙しい時間帯にも関わらず、人の温かさを実感した
    あれから4年
    私もあの時感じた温かさを行えてるのだろうか

    M.K.さん

  • 30年前、北大生だった私は博多への帰省時に何回も東京駅を利用しました。その中でも思い出しのが、八重洲口地下の「東京温泉」❗️一風呂あびてブルートレイン「あさかぜ」で東海道を西下しました。

    T.H.さん

  • 私達の年代だと、上野駅かな?夜行列車で上野駅に着いて・・・上野は〜〜おいらの〜〜♪ ♪ 東京駅は憧れかな?

    N.K.さん

  • 東京での大学受験
    試験会場へ向かう娘と
    付き添いの私は
    帰りは
    東京駅で待ち合わせることにしました
    「ほら、あの丸の内側の天井が綺麗な場所で待ってるね」と

    夕暮れ時
    家路に向かうサラリーマンの波の中
    ドーム天井の美しいレリーフを見ながら
    合格したら、引っ越しを手伝いにまたここへ来よう
    とぼんやり考えながら
    娘を待っていました

    疲れたような
    でも少し興奮したような
    いや
    もしくは
    何か吹っ切れたような顔をして
    待ち合わせ場所に彼女はやってきました(…以下割愛)

    M.M.さん

  • 人は物語を欲する。

    東京ステーションホテル、部屋の窓から見下ろす丸の内の改札。
    夕刻の忙しない人の波。会社員。家族連れ、外国人の笑顔。
    終電間際。駆け足で駅に向かう人、ゆっくりと駅から離れていく人。
    束の間の静謐。
    始発が動き出す。仕事に出る人、旅に出る人。
    彼ら一人一人の物語。

    見下ろす光景に物語を見る。
    背後にある人生という物語を、眼前の物語に幻視する。
    過去と未来と、人々が交叉する。

    生きている、と感じる。

    Y.H.さん

  • まだ寒さが身にしみる2月。
    私は荷物と少しの不安を持って、ここ東京駅に降り立ちました。
    夢を追いかけて上京したのです。
    その日に、丸の内の改札を出て、外を見た時の光景は今でも忘れる事は出来ません。
    晴れていて雲一つ無い真っ青な空。最先端のオフィスやテナントが入っているはずなのに、どこかアンティーク感漂う高層ビル群。
    振り返ると、目に飛び込んでくる東京駅の赤いレンガ。
    それが他の風景と絶妙にマッチしていて、あたかも別世界にいるような感覚でした。
    一からやり直すなら、ここをスタートラインにするのはいいかもしれません。

    M.Kさん

  • わたしは去年の4月から愛知県に就職し、地元で付き合っていた彼女も埼玉県に就職しました。
    新生活とともに、遠距離恋愛もスタートし、不安な気持ち、寂しい気持ちで毎日を過ごしていました
    わたしは月に一度、名古屋駅から新幹線に乗り、彼女が迎えてくれる東京駅に向かいます。
    東京駅でいつも待ち合わせている場所は八重州出口を出てエスカレーターを登ったところにあるベンチです。
    エスカレーターを登り、ベンチに彼女が座っているのを見るととても幸せな気持ちになれます
    今でも遠距離恋愛は続いており、待ち合わせ場所も変わりません
    東京駅は彼女との再会の場所でもあり、別れの場所でもあります(…以下割愛)

    S.H.さん

  • 30歳過ぎまでひとりで遠出などをしたことなかったわたし
    妹と東京へ遊びに行き仕事のため新幹線で一足先に帰ることに
    不安でいっぱいのわたしは東京駅の改札口まで送ってもらいました
    無事新大阪駅に到着したときはうれしかったです
    何でもないことかもしれませんがわたしには冒険でした

    S.M.さん

VIEW MORE

ご参加方法

~必ずこちらの規約をご確認・同意の上ご参加ください~

郵送

  • アイコン

  • 官製はがきに、住所/氏名/年齢/電話番号/エピソード/
    ご希望の賞品(3つ)をご記入の上、下記宛先までお送りください。

    宛先:〒164-8773 日本郵便株式会社 中野郵便局 私書箱71号
    東京駅からはじまるあなたのエピソード募集キャンペーン事務局

応募規約

キャンペーン名
東京駅からはじまるあなたのエピソード募集キャンペーン
作品募集期間
2018年6月29日(金)~8月29日(水)
紹介作品発表時期
9月中(予定)
キャンペーン概要
「入学」「就職」「転勤」「出発」「旅立ち」など東京駅でのドキドキしたこと、わくわくしたエピソードを200文字以内で募集します。
ご応募いただいたエピソードの中から、30作品程度を「紹介作品」として選定し、
東京駅構内のデジタルサイネージや東京ステーションシティのホームページ上でご紹介します。
応募方法
①Facebook
東京駅公式Facebookのエピソード募集投稿のコメント欄にエピソードをご記入ください。
②twitter
キャンペーン公式twitterアカウント(@Tokyo_St_Start/URL:https://twitter.com/tokyo_St_Start)をフォローの上「#東京駅スタート」のハッシュタグを付けて、ご自身のアカウントからエピソードをツイートしてください。
③郵送
官製はがきに、住所/氏名/年齢/電話番号/エピソード/ご希望の賞品(3つ)をご記入の上、以下宛先までお送りください。
宛先:〒164-8773 日本郵便株式会社 中野郵便局 私書箱71号
東京駅からはじまるあなたのエピソード募集キャンペーン事務局
応募に関しての注意事項
※厳密な制限はございませんが、200文字以内でご応募ください。
※応募作品は本サイト(東京ステーションシティ公式サイト)やその他各種媒体にて公開する場合があります。
※応募作品は全てご本人のオリジナル作品に限ります。
※著作権/肖像権などが第三者に帰属する素材に関しては、権利者から事前の使用許諾・承諾を得た上で応募してください。万が一、本キャンペーンの応募作品に対し、第三者から権利侵害/損害賠償などの苦情/異議申立てあった場合、当協議会は一切責任を負わず、応募者が費用負担等を含め、すべて対処するものとします。
※お一人様複数回の応募が可能ですが、作品の採用ならびに賞品の当選は、お一人様応募期間中につき1回となります。
※同一作品の複数回の応募は無効とさせていただきます。
※未成年の方は保護者の同意を得た上で応募してください。未成年の方が応募された場合は、保護者の同意を得た上で応募されたものとみなします。
※応募作品および投稿いただいた内容の著作権(著作権法第27条及び第28条の権利を含む)は、応募時点で当協議会に譲渡されることとし、応募者は、本キャンペーン開催中ならびにその終了後も、当協議会に対し著作者人格権の行使をしないものとします。
※公序良俗に反する、暴力的、卑猥、中傷誹謗、個人情報が含まれる、プライバシーを侵害する、キャンペーン内容とは無関係、コンピューターウィルス、不正プログラムが含まれるものは投稿できないものとします。
※本キャンペーンのサイトならびにSNSアカウントの閲覧・応募などに必要な通信料は、お客様のご負担となります。
※ご使用の携帯端末、WEB環境によってはキャンペーンへの応募ならびにホームページやSNSアカウントの表示が正常にされない場合がございます。
※twitterアカウントを「非公開」に設定にされている方は、募集ならびに当選者抽選期間にあたる2018年6月29日~9月28日の間は「公開」に設定してください。
※Facebookならびにtwitterからご応募いただいた紹介作品の作者の方には、キャンペーン事務局よりダイレクトメッセージでご連絡と賞品お送り先の入力フォームを送付させていただきます。なお、同メッセージに記されたフォームの入力期限を過ぎてもご連絡がない場合、ご当選が無効となりますのでご了承ください。
※類似内容が複数応募された場合は、事務局にて「紹介作品」を決定させていただきます。
紹介作品について
【1】選定方法
みなさまよりお寄せいただいたエピソードを事務局で厳正に審査し、特に多くの方に知っていただきたいと思われるエピソードを30作品程度「紹介作品」として選定させていただきます。
【2】活用方法
・東京駅構内のデジタルサイネージに掲出する形で紹介します
・本キャンペーンの特設サイト上で紹介します
※その他、東京ステーションシティの広告物・広報物に一部または全部を掲載させていただく可能性があります。
※応募状況等により紹介作品数に変更がある場合があります。
賞品
ご応募いただいたエピソードの中から選定した紹介作品の作者には、抽選で以下の賞品をプレゼントします。
①ご自身のエピソードを入れたオリジナルメッセージパネル(全員)
②東京ステーションシティのエリア内の各施設で「新しい体験」を楽しむことができるオリジナル体験型ギフト(抽選で15名)
③東京駅限定グッズ詰め合わせ(抽選で10名)
④鉄道会館共通お買物ご飲食チケット(抽選で5名)
主催
東京ステーションシティ運営協議会
企画協力
株式会社鉄道会館

個人情報の取り扱いについて

ご記入、または送信いただいた個人情報は東京ステーションシティ運営協議会が当選者への賞品の発送、本件に関する諸連絡に利用するほか、商品やサービスの参考とするために個人を特定しない統計情報の形で利用させていただきます。
お客様の個人情報は東京ステーションシティ運営協議会が管理します。お客様の個人情報をお客様の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示・ 提供することはありません。(法令等により開示を求められた場合を除く)
なお、いただいた個人情報はJR東日本の個人情報保護方針に基づき安全かつ適切に管理致します。

キャンペーンに関するお問い合わせ窓口

メール:tokyost.start@ssu.co.jp
お問い合わせ期間:2018年6月29日(金)〜2018年8月29日(水)
お問い合わせ対応:5日(土日祝含まず)以内に返信させていただきます。