information

個性豊かなキャラクターたちを集めよう!
「JR東日本 キン肉マンスタンプラリー めざせ全駅制覇!編」開催中

~2019年2月27日山手線エリアを中心としたJR東日本61駅+東京モノレール2駅

JR東日本ではこの冬、「キン肉マン」を起用したスタンプラリーを開催。個性豊かな超人をはじめ63のキャラクターがスタンプとなって各駅で待ち受けている。7駅集めてゴールすると「オリジナル キン肉マンコミックシール」がもらえるほか、7駅達成かつゴール店舗でお買い物条件を満たすと「オリジナル名シーンカード」が、全駅制覇でキンケシ4体が入った「JR東日本 キン肉マンスタンプラリーCOMPLETE BOX」が入手できる。キン肉マン世代にはたまらないお宝グッズだ。
駅設置のスタンプ台には超人それぞれの必殺技に加え、選りすぐりの名シーンも抜粋。
https://www.jreast.co.jp/kin29man-rally/

02月10日更新

桜色に染まる景色に癒やされる
「日本橋 桜フェスティバル2019」開催

2019年3月15日~4月7日日本橋、八重洲、京橋エリア

日本橋地域でひと足早くお花見を楽しめるイベント。今年の目玉は「The Tree of Light -灯桜(ともしざくら)-」。海外のアートフェス「バーニングマン」で話題となった「テネレの木」の制作チームとコラボした桜の木の巨大デジタルアート作品が登場する。ほかにも気軽に日本橋の味を楽しめる「ニホンバシ桜屋台」や、有名店が参加する「桜メニューウォーク」を開催。
福徳の森では、巨大デジタルアート作品が登場。ひと足早く満開の桜を楽しめる。
☎03·3242·0010(日本橋案内所)

02月10日更新

三井家が愛したひな人形を鑑賞
「三井家のおひなさま 特別展示 人間国宝・ 平田郷陽の市松人形」開催中

~2019年4月7日三井記念美術館

日本橋に春の訪れを告げる恒例の企画展。三井家の夫人や娘たちがこよなく愛したひな人形やひな道具を一堂に公開する。特に11代高公の一人娘・浅野久子氏の幅3m、高さ5段の豪華な雛飾りは必見だ。展示室6・7では、人形の分野で初めて重要無形文化財保持者(人間国宝)となった平田郷陽が製作した「市松人形銘つぼみ」を中心とする愛らしい市松人形の世界を堪能できる。一般1000円。
どれも贅を尽くした逸品ばかり。美しく気品のあるお雛さまに思わずうっとり。
☎03・5777・8600(ハローダイヤル)

02月10日更新

青く色づく美術品に魅了される
「染付―世界に花咲く青のうつわ」 開催中

~2019年3月24日出光美術館

白地に青で文様を描く焼き物「染付」は、14世紀に中国で誕生し、17世紀初頭に日本に伝わった。清明な青の魅力に加え、釉薬の下に描かれるために文様が剝落しにくいという実用的な利点も兼ね備えているため、世界各国に浸透していった。本展では、染付が愛用された各国、各時代、各コミュニティーをテーマパークのように巡りながら染付の多面的な魅力を味わい尽くす。一般1000円。
美と用の両面に秀でた染付は、中国、朝鮮、日本、西アジア、欧州に広く浸透した。
☎03・5777・8600(ハローダイヤル)

02月10日更新

フィンランドを代表する建築家、 日本で20年ぶりの個展
「アルヴァ・アアルト もうひとつの自然」開催

2019年2月16日~4月14日東京ステーションギャラリー

フィンランドの建築家、アルヴァ・アアルトは、個人邸宅から公共建築までを設計する一方で、家具や照明器具、ガラス器などのプロダクトデザインも手掛けた。そこにはフィンランドの豊かな自然の中に見いだした有機的なフォルムが生かされていて、"もうひとつの自然"のような存在を感じることができる。日本では20年ぶりとなる個展なので、お見逃しなく。一般1200円。
自然との調和を大切にするアアルトの作品。見ているだけで心が安らぐ。
☎03・3212・2485

02月10日更新

PAGETOP